お知らせ

2021年03月12日

英文機関誌「Journal of Special Education Research」9巻2号の訂正に関して(お詫び)

2021年2月発刊の英文機関誌「Journal of Special Education Research」9巻2号につきまして,61頁以降の和文誌抄録の一部に校正の誤りがございました。つきましては,次号の10巻1号に修正したものを再掲する予定です。会員の皆様には校正の段階で不備がありましたことをお詫びいたします。

英文機関誌「Journal of Special Education Research」編集委員長 勝二博亮

2020年12月16日

日本学術会議の「第25期新規会員任命に関する要望書」に賛同しました

2020年12月2日(更新)付「共同声明」

2020年3月30日

第58回大会の大会通信の送付及び大会HPの掲載などについて(お知らせ)

2020年3月30日
一般社団法人日本特殊教育学会
理事長 安藤 隆男

例年、大会通信の送付及び大会HPの掲載は、3月下旬に行っているところですが、今般の新型コロナウィルス(covid-19)感染が拡大する中で、関連情報の収集とこれに基づく対応を検討しているところです。
その経緯の中で、現時点では、2020年9月に開催する第58回大会の大会通信の送付及び大会HPの掲載は、4月中旬以降になりますことをお知らせいたします。
今後のコロナ感染拡大の状況によっては、大会開催の方針に変更が生じる可能性がございますことについても、あわせてご承知おきください。
なお、発表等のエントリー及び抄録原稿の締切については5月11日(月)を、諸費用の納入締切については5月31日(日)をそれぞれ予定しておりますので、発表等を予定されている方は、あらかじめご準備をいただきますようお願いいたします。

2020年3月27日

2020(令和2)年度一般社団法人日本特殊教育学会代議員選挙の開票が、2月15日(土)東京国際フォーラム(東京都千代田区)において、選挙管理委員会により行われましたので結果を公示いたします。

令和2年3月27日
選挙管理委員会 委員長 園山繁樹

2020(令和2)年度一般社団法人日本特殊教育学会代議員選挙結果

(敬称略 50音順)

代議員(30名:括弧内は各部会の定員数)

  1. 盲弱視教育部会(2名)
    • 小林秀之
    • 佐島 毅
  2. ろう難聴教育部会(2名)
    • 澤 隆史
    • 鄭 仁豪
  3. 知的障害教育部会(7名)
    • 青山真二
    • 岡崎慎治
    • 奥住秀之
    • 菅野 敦
    • 小池敏英
    • 勝二博亮
    • 野口和人
  4. 肢体不自由教育部会(2名)
    • 一木 薫
    • 川間健之介
  5. 病弱虚弱教育部会(1名)
    • 武田鉄郎
  6. 言語障害教育部会(2名)
    • 伊藤友彦
    • 川合紀宗
  7. 発達障害教育部会(6名)
    • 井澤信三
    • 梅田真理
    • 霜田浩信
    • 園山繁樹
    • 野呂文行
    • 松下浩之
  8. 矯正教育部会(1名)
    • 加藤重樹
  9. 重度重複障害教育部会(2名)
    • 菅井裕行
    • 細渕富夫
  10. 一般部会(5名)
    • 池田吉史
    • 田中 謙
    • 田部絢子
    • 村山 拓
    • 米田宏樹
2019年7月8日

(一社)日本特殊教育学会会員名簿2019年度版

「(一社)日本特殊教育学会会員名簿2019年度版」を作成いたしました。会員専用ページにログインいただくと名簿の閲覧が可能です。

名簿記載事項の修正について

2020年1月実施の代議員選挙にあたり、「(一社)日本特殊教育学会会員名簿2019年度版」記載事項に誤り等のある場合は、会員専用ページよりご自身で修正、もしくは(一社)日本特殊教育学会会員名簿係までメール(jase@pac.ne.jp)かファックス(078-332-2506)にて2019年8月5日(月)必着でお知らせください。

  • ※部会の変更は受け付けられません。
2018年5月15日

電子投稿システムの運用開始について

編集委員会では、電子投稿システムを準備してきました。
この度、システムが整い、運用を開始いたします。
運用開始は、5月15日(火)からとさせていただきます。
オンライン投稿査読システムへのログインは、こちらからです。
和文誌 https://mc.manuscriptcentral.com/jjse
英文誌 https://mc.manuscriptcentral.com/jser
上記のURLページの左下にある「リンク先」の「投稿規定・各種書類」から、投稿にかかわるマニュアルをダウンロードできます。
これに伴い、従来の郵送による投稿受付は、全て、電子投稿システムによる投稿受付に移行いたします。
なお、これまでに郵送で投稿され、審査が進行中の論文については、修正論文の投稿も引き続き郵便でお願いすることになります。
以上、投稿システムの移行をお伝えするとともに、ご協力を賜りたく、お願い申し上げます。

和文誌編集委員長 小池 敏英
英文誌編集委員長 岡  典子