アクセシビリティ

アクセシビリティ・サービスについて

大会期間中は、参加者の様々なニーズに応えるため、以下のようなアクセシビリティ・サービスを準備しております。

※ウェブシステムによる事前のサービス利用申し込みをされていない発表者または参加者で、以下のサービスの利用をご希望の方は、急ぎ追加のサービス利用申し込みを行ってください。

発表補助、移動介助その他の支援について

本大会では、障害のある方に対し、論文集の電子データ提供、発表補助(パワーポイントの操作、ポスター掲示等)、移動介助などのサポートをご用意いたします。
ウェブシステムで事前申込をされた方には、大会準備委員会の担当者よりメールを送信します。大会プログラムをご確認の上、実際に希望される具体的な支援内容をご回答ください。回答の内容を確認後、個別にご連絡いたします。
事前申し込みをされていない発表者または参加者で上記の支援をご希望の方は、急ぎ追加のサービス利用申し込みを行ってください。
なお、大会当日にアクセシビリティ本部へ支援を申し込まれた場合には、対応しかねることがありますことをご了承ください。

申し込み先:相羽 大輔(愛知教育大学)
aiba(アットマーク)auecc.aichi-edu.ac.jp
※(アットマーク)を@に置き換えてください。

聴覚に障害のある方への情報保障について

ウェブシステムで事前申込をされた方には、情報保障コーディネーターよりメールを送信します。大会プログラムをご確認の上、実際に情報保障を希望されるセッション名等をお知らせください。回答の内容を確認後、個別にご連絡いたします。
事前申し込みをされていない発表者または参加者で、情報保障をご希望の方は、急ぎ追加のサービス利用申し込みを行ってください。
なお、大会当日にアクセシビリティ本部へ情報保障を申し込まれた場合には、対応しかねることがありますことをご了承ください。

申し込み先:下谷 奈津子(関西学院大学・情報保障コーディネーター)
accessibility(アットマーク)jase.or.jp
※(アットマーク)を@に置き換えてください。

ご注意

アクセシビリティ・サービス提供の優先順位に関する学会の原則は以下の通りです。

  • 障害のある方ご自身の研究発表とシンポジウムでの発表(大会参加申込時の事前申込)
  • 障害のある方ご自身の研究発表とシンポジウムでの発表や参加などに関する希望(プログラム公開後の利用申込)
  • 公開シンポジウムや学会企画シンポジウムでの発表(大会参加時の事前申込)
  • 公開シンポジウムや学会企画シンポジウムでの発表(プログラム公開後の利用申込)
  • 障害のある方が興味ある研究発表やシンポジウムを聴講(プログラム公開後の利用申込)
  • その他(当日参加者の希望等)

アクセシビリティ・ボランティアの募集について

近年は参加者の増加、ニーズの多様化により、外部からのサービス提供者の派遣及び大会開催校の学生による支援のみでは対応が難しくなってきております。そこで本大会では、支援スキルをお持ちの会員の皆様のなかで有償ボランティアとして支援を行っていただける方をウェブシステムにて募集しました。ご応募いただいた皆様には、今後担当者より個別にご連絡いたします。
聴覚障害者に対する情報保障(手話通訳、文字通訳)につきましては、引き続きボランティアの募集を行っております。ご協力いただける方は、以下の担当者までご連絡ください。後日、申し込みフォームをお送りいたします。

申し込み先:下谷 奈津子(関西学院大学・情報保障コーディネーター)
accessibility(アットマーク)jase.or.jp
※(アットマーク)を@に置き換えてください。

●大会準備委員会アクセシビリティ担当
青柳 まゆみ(愛知教育大学)
●日本特殊教育学会アクセシビリティ委員会アクセシビリティコーディネーター
視覚障害  相羽 大輔(愛知教育大学)
聴覚障害  大鹿  綾(筑波技術大学)
肢体不自由 任  龍在(群馬大学)
●情報保障コーディネーター
下谷 奈津子(関西学院大学)